anの実力とは?

アルバイト情報の歴史

1958年、日本で初めてのアルバイト求人情報誌が発売されました。

 

アルバイトニュース速報、anの起源です。

 

日刊時代、週2回発売時代、そしてWEB時代と、時代の変化の中で形式も名前も変わりましたが、アルバイトを求める多くの人へ最新の求人情報をお届けするという姿勢は、変わらず今も受け継がれています。

 

アルバイト求人誌の先駆けだけあって、アルバイト探しに役立つコーナーが多く、探しやすいというもの大きな魅力になっています。

 

anの口コミと評判

anは全国規模の求人情報誌。それだけに利用している人も多く、たくさんの口コミが寄せられています。多いのはサイトの使いやすさに対するもの。案件も多く、勤務地、出勤日数、給与、支払方法。さらに“まかないある”などの待遇面、服装などの職場での環境面など、自分の希望や条件を入力して絞り込むことが可能なため、見つけやすいし決めやすいという声を多く見かけます。

 

実際の投稿をみてみると・・・短期・高収入のバイト求人に強い。学生向きでたくさんの求人から選べるのがいい。希望条件を満たす仕事が探しやすい。広告が大きくてみやすい。スマートフォンサイトが絞り込み検索もできて使いやすい。検索するさいに“こだわり”という項目があり気になる待遇など細かいところまで設定できる。路線別とか地域別とかで求人情報を絞れるので、自分の働きたい場所を絞り込んで情報を探しやすかった。など、実体験が役だったという声が多くを占めています。

 

ただ、デメリット系の口コミもあります。

 

たくさんの求人が寄せられるため、気に入って問い合わせたら期限が終わっていたなんていうこともたまにあるようです。それだけ人気のサイトですが、がっかりした方もいるようです。また、派遣が多く登場して困るという声もありました。派遣は、勤務日数に期限があるので敬遠する人もいるので、派遣の紹介不要論もあるようです。

 

たかがアルバイトではありません。せっかく仕事をするなら好条件で働きやすい職場がいいのは誰もが同じこと。その心強い味方になってくれるのがanです。

 

>>anの公式ページへ<<

 

働く日数が自由に選べる日払いアルバイト

日払いアルバイトの特徴

日払いアルバイトの定義は、1日だけ働いて報酬がもらえるタイプのアルバイトのことです。緊急にお金が入り用になったときや、空き時間ができて急に働きたくなったといったとき、本業が暇になったので空いた時間で1日だけで働いてみたいと思った人は、日払いアルバイトを探して働くことで報酬を得ることができます。

 

しかし、日払いアルバイトには大きな誤解をしている人もいます。それは「日雇い」と「日払い」を混同して考えている人がいるということです。日雇いアルバイトという言葉は雇用期間が1日単位ですが、給料の支払いはその日かもしれませんし、週末かもしれません。または月末かもしれません。それに対して日払いアルバイトは働いたその日に給料が支払われるので、すぐに現金が手に入ります。「即日支払い」という文言を求人に入れている仕事もありますが、これも日払いアルバイトに入ります。

 

日払い求人の仕事

それでは日払いアルバイトの仕事はどのようなものがあるのでしょうか。基本的には肉体労働系が多いと思います。倉庫の仕分け、工場内作業、工事現場、交通誘導員の仕事など、体力を使って稼ぐタイプの仕事が多いため、体力に自信がある人はこうした日払いアルバイトをしてみるのも良いかもしれません。

 

体力に自信がない女性でも行えるアルバイトもあります。弁当工場、試食品の販売員、携帯電話の新規加入社の勧誘、クレジットカードの勧誘などといった仕事があり、そのどれもが日払いアルバイトなので女性でも行なうことができるものが多いです。anを使ってぜひ、自分にピッタリの日払いアルバイトを探してみてはいかがでしょうか。

昔とは違う在宅ワーク

ネット時代の在宅ワークとは

在宅ワークの発展

現在、在宅ワークはパソコンを使って行なうものが増えてきています。昔の在宅ワークといえば「内職」でした。

 

封筒貼りや手作業で色々な仕事を行い、出来上がったものを会社に送り報酬を得るというものが主流だった当時の内職と比べ、現在はパソコン、スマホ、タブレットの登場により、在宅ワークは大きく変わりました

 

名称も「在宅バイト」「在宅ワーク」といった名前に変わり、仕事もネットを使って行なうものが大半です。

 

在宅ワークで最も多いのはデータ入力のアルバイトです。キーボードタイピングに自信のある人であれば誰でも行なうことができますので、空いた時間でも十分に仕事をすることができます。次に人気なのがアンケートの在宅バイトです。単価は低いので数をこなす必要が出てきます。

 

さらに特定の企業に所属せず、個人として在宅ワークを行なう人も増えています。クラウドソーシングがその際たるもので、ブログ記事を書いたりアンケートをしたりして、自分の特技をそのまま収入に繋げることが可能です。

 

発想の転換で在宅バイトをする

在宅バイトは単価が低いので数をこなさなければ割の良いお金にはならないことも確かです。確かに在宅バイトで月に何万、それ以上稼ぐ人というのはそうそういません。慣れている人でも月に3万円程度が関の山でしょう。多額のお金を稼ぐのには、在宅バイトはどうしても向いていません。

 

しかし、発想の転換をすることで在宅バイトはとても良い仕事になります。それは「色々な業界に詳しくなる」ということです。アンケートをするにせよ、データ入力をするにせよ、クラウドで記事を書くにせよ、それは世間の動き・流れと直結するものです。現在はどのようなものが流行っていて、お金の流れがどのようなものになっているのか、そういったことが丸々わかってしまいます。

 

守秘義務を課しているネットバイトも数多くありますが、勉強したことを自分の糧にするのは個人の自由ですので、在宅で自分のペースで仕事をしながら経験値を積むことができるのが大きな特徴です。

 

anには、こうした在宅バイトがたくさん掲載されているので、一度見てみてはいかがでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ